~絶倫なる偉人~

健康/精力オタク・徳川家康">

Men's UP

COLUMN

メンズアップコラム

2019/07/10

~絶倫なる偉人~

健康/精力オタク・徳川家康

ソワール男爵アイコン

ソワール
男爵

大いなる業績を残した偉人ほど絶倫だと思わないショコラ?現代人が見習うべきこと、エピソードなどを紹介していくボンジュール。

Tokugawa Ieyasu

関ヶ原の戦い後、江戸幕府の初代征夷大将軍となった徳川家康。「鳴くまでまとうホトドギス」で有名な武将ですが、彼がここまで昇りつめた勝因は何だったのでしょうか?

「織田がつき羽柴がこねし天下餅すわりしままに食うは徳川」と言われますが、織田信長・羽柴秀吉に比べ徳川家康は圧倒的に長く生きました。当時の武将の死亡原因は大きくは2つ。誰かに〝殺害〟されるか〝病気〟で寿命が果てるかです。この二大要因を上手く避けてきたのが徳川家康ではないでしょうか。

Umisugi-darou…

関ヶ原の戦では豊臣恩顧の武将達を味方につけ、さらに敵武将に手紙を送り味方になるように仕向けました。敵を極力作らない・敵を味方にする能力に長けた武将といえます。そのコミュニケーション能力は女性にも向けられました。権力を持っていたとはいえ、溢れる男性としての魅力に惹かれ、常に大勢の女性達からアプローチを受けていたようです。

当時は乳幼児の死亡率が高く、子孫繁栄の為にたくさんの子どもを作ることが必要でした。その中でも11人の男子・5人の女子に恵まれたことは、その頻度・回数に加え、非常に元気で濃い精子を持っていたと推測されます。

Kenkou Otaku

その絶倫を支えたのが漢方薬だと言われています。家康といえば無類の健康オタクとしても有名です。自らが長く生きることで徳川幕府の基盤を固め、たくさん子孫を残すことで一族の安寧をもたらす。そのためにも人一倍健康に気をつけ、自ら研究し薬を調合したほどです。

家康が使用していた薬は、様々な薬草や動物の希少部位。現代でも精力増強剤に含まれている成分も愛用していました。

Zetsurin ni Naritai !!

武道の嗜み、鷹狩りも徳川家康は良く行っていました。これは運動も行っていたということです。身体に良い薬を服用し、適度な運動で丈夫な身体を持つ。周りに人当たり良く接するにも、自らが健康で元気であることを心がけたと言えます。いかがでしたでしょうか?あなたも天下を統一するような人格者になるためにも、日頃の健康に気をつけましょう。